装飾彫刻に託した人々の想いを追って

只今、ホームページリニューアル中です。
ご不便をおかけしております。

わび・さびと対極にある装飾彫刻。
素朴な彫刻、彫刻師の技がさえる彫刻、そして彩色鮮やかな彫刻。
これらには謎がたくさんあります。
一体何者?何が彫られているの?何か意味があるの?
決して「過飾」ということばでは済まされない何かが、そこにはあるはずです。

タイトル画
タイトル画
タイトル画
装飾彫刻探訪
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.
落慶日 平成15(2003)年10月17日