雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>新湊曳山祭>古新町

新湊曳山祭 古新町(ふるしんまち)

古新町

○データ
・名称:古新町
・創建:慶安3(1650)年
・今のは寛政4(1792)年という
・補修は数多いが、平成19(2007)年 全面改修

○写真
諸葛亮  亀乗り仙人  ザクロとイチゴ
鈷鈴  雀(飾金具)  燕(飾金具)

○メモ
古新町曳山は新湊曳山元祖の山と呼ばれ、その由緒から 巡行時は常に1番目、くじ取らずの山です。しかしそれゆえか、 装飾も控えめで、古式を留めていると言えるかもしれません。
標識は密教法具である鈷鈴、「古」の字に似ているので採用されたといいます。 王様は諸葛孔明、前には唐子人形が乗ります。
彫刻は鏡板(背面)に亀乗り仙人(仙人名断定できず)、一段下は彩色された イチゴ・鳥(種類不詳)・ザクロの彫刻が前後左右を囲みます。そして飾金具として 雀・燕・牡丹・ザクロなどが施されています。 下段には獅子の彫刻、幕には唐子が装飾されています。
曳山は時に装飾がごちゃごちゃすることが多いのですが、中国風で一貫した姿は 伝統の姿をよく守ったものといえるかと思います。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.