雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>栗

栗(くり)

栗

○撮影場所: 栃木県日光市 日光東照宮透塀
○制作年代:寛永13(1636)年
栗は鳩や猿との組み合わせもあるが、これは単独主題となっている。

■概要
ブナ科クリ属の木の一種。実は食用。
日本では古くから人と共にあった樹木である。
装飾彫刻ではそれなりに見ることができるらしいが、日光東照宮のものが有名か。

■特徴
毬(いが)に包まれた実がまぎれもない特徴になっている。
葉は舌状、鋸葉。

■来歴
日本では縄文時代以来、実は食用に、木は材木に使われている。
縁起物として勝栗があり、出陣祝いなどに用いられていた。

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.