雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>高岡御車山祭>二番町

高岡御車山祭 二番町(にばんまち)

二番町

○データ
・名称:二番町
・創建:不詳、少なくとも宝暦11(1761)年までには 確実にあった

二番町御車山は高岡御車山唯一の二輪構造で、その姿は前田利長より拝領したといわれるもの に近い姿をしているのではないかといわれます。
また、彫刻が極力少ない、主座は千枚分銅であり、人の姿を していないなど、他の御車山にない特徴持っています。
見どころは飾金具の数々。武具散らし、花鳥、聖獣と大別すること ができますが、武具を飾金具にしているのは珍しいのではないかと思います。

装飾配当表

全体 鉾留 本座 相座 後屏
前後 左右 千枚分銅 獅子
幔幕 車輪 高欄(金具) 長押(金具)
剣梅鉢・菊・桐 全体  部分  中心 麒麟 唐獅子 雀・柘榴
幕押(金具)
鞍・旗 中啓・兜 鐙・旗・轡 弓矢・法螺貝 刀・袖 袖・釣鐘・中啓 軍配・太刀 采配・中啓
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.